2018年8月14日

アジアの日系鉄鋼関連企業、通貨安が収益圧迫

 【上海支局】通貨安にアジアの日系鉄鋼関連企業が苦しんでいる。鋼材をドル建てで輸入し、現地通貨との為替差損が生じているためだ。中国では人民元が年初から対ドルで約7%下落。東南アジアの通貨も大幅に下がり、赤字に転落する日系鉄鋼工場が出始めている。通貨防衛のための政策金利引き上げが企業に追い打ちをかける。個社での対策の手は少なく、通貨安と利上げの二重苦はしばらく続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)