2019年9月13日

中国 鋼材市況底打ち、反転

 中国の鋼材市況が底を打ち、反転し始めた。とりわけ条鋼の反発力が強く、先週末に異形棒鋼市況が北京と広州で1週前に比べトン100元(約1500円)上昇。武漢で同170元上がった。秋の需要期を迎えた一方で10月初めの建国70周年に向けた環境規制による製鉄所の操業制限が続き、需給が締まる見方が広がってきた。

おすすめ記事(一部広告含む)