2019年10月9日

ビレット市況 アジア、下落傾向続く

 アジアビレット市況は下落傾向が続いており、需要家からはSD295A相当品でCFRトン当たり400ドル(4万2800円前後)を割り込む指値が散見されてきた。アジアビレット市況の低迷が長引いていることを受け、日本の普通鋼電炉メーカーは新規輸出成約が難しく、概ね様子見姿勢を続けている。

おすすめ記事(一部広告含む)