2019年11月29日

ビレット市況 アジア、小幅反発 鉄スクラップ上昇映す

続落していたアジアのビレット市況がここにきて小幅反発している。上昇幅は前月比で10―15ドル前後、前週比では5ドル前後。トルコ向け米国鉄スクラップ輸出価格が上昇したことに加えて、ロシア鉄鋼メーカーがビレット輸出オファー価格を引き上げたことなどで、騰勢ムードが支配。現時点で市況の上伸は一服感が漂っているものの、日本をはじめ各国鉄鋼メーカーは原料価格が上昇している環境下において、需要家のビッド(輸入提示価格)を冷静に見極めている。

おすすめ記事(一部広告含む)