2019年10月11日

宝山鋼鉄、鋼板一部除き据置き 11月積み、需要振るわず

 中国の宝山鋼鉄は11月積みの鋼板類の販売価格をほぼ全面的に据え置くと10日に発表した。秋の需要期入り後も自動車など製造業関連の需要が振るわず、鋼材市況は弱い基調が続いている。原料などコストは増加しているが、市場の状態を考慮したとみられる。前月に熱延コイルを下げた一方で酸洗を据え置き、冷延と亜鉛めっき鋼板は上げていた。

おすすめ記事(一部広告含む)