2021年10月13日

宝山鋼鉄 11月積み 鋼板販価据え置き

【上海支局】中国薄板最大手の宝山鋼鉄は11月積みの鋼板類の販売価格を5カ月連続で全品種据え置いた。秋の需要期入り後も鉄鋼減産が続き、需給はタイトな状況を維持しているが、鉄鉱石の価格が下がり、需要も自動車分野など宝鋼が多く鋼材を納める製造分野が電力不足から活動が低下しているため、販価を維持したとみられる。政府の物価抑制の方針も考慮しているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)