2020年3月5日

中国の上場鉄鋼企業、19年純利益が大幅減 新型コロナで20年一段悪化

 中国の上場鉄鋼企業は2019年に純利益が大きく落ち込んだ。原料の鉄鉱石価格が上昇する一方で鋼材価格が下落し、物流費や副資材費も上がった。20年は新型コロナウイルスの影響による鋼材の販売減と価格の下落で1ー3月期に収益が大きく低下する見通し。4月以降の需要や収益の回復の度合いは不透明感が強く、鉄鉱石価格が高位を保つ中、通年の業績は19年をさらに下回る可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)