2020年4月15日

中国、鋼材市中在庫減少続く

過去最も積み上がっていた中国の鋼材市中在庫が減り続けている。業界団体・中国鋼鉄工業協会によると4月上旬の在庫量はピークの3月上旬に比べ1カ月で1割強減少した。建設分野の荷動きが増え、流通の出庫が進んだ。鉄鋼メーカーの減産や鋼材の先安観から入庫を抑えた側面もあるとみられる。在庫の減少を受けて条鋼市況は強含んできたが、自動車など製造業や欧米向けなど輸出産業は回復が鈍く、薄板市況の基調は依然弱いままだ。

おすすめ記事(一部広告含む)