2020年10月8日

中国国慶節連休明け 鋼材市況の行方

 中国の鉄鋼市場は鋼材市況が下落に転じたまま、国慶節(建国記念日)の連休を迎えた。株式市場が米中摩擦の激化に反応して9月中旬に反落。鋼材の先物相場が連動し、現物市況に波及した。政府のインフラ投資などで需要は高さを保つが、新たな設備の導入が続き、供給は需要を再び上回り始めている。コロナ禍後の「リベンジ旅行」など盛んな消費は景気浮揚につながるものの鉄鋼需要は踊り場の様相を見せ、連休明け9日以降、需給は一段緩みかねない情勢だ。

おすすめ記事(一部広告含む)