2020年10月23日

中国、鋼材生産増勢衰えず 冬季に需給緩和懸念

【上海支局】中国の鋼材生産の増勢が衰えを見せない。秋の建設の需要期や製造業の回復、鋼材市況の高止まりから中厚広幅鋼帯の生産は9月に1日当たり52万トンと前年同月比16・4%増え、過去最高を記録した。鉄筋用棒鋼は過去2番目、線材や冷延は過去最高となった。需要は堅調だが不需要期の冬季が迫り、米中摩擦や新型コロナウイルスの第2波で減速する可能性をはらむ。環境規制による鋼材生産の調整は過去の例から限定的とみられ、需給は冬季に緩みかねない。

おすすめ記事(一部広告含む)