2020年12月14日

台湾CSC・1月積み大幅値上げ、原料高転嫁へ

台湾の中国鋼鉄(CSC)は1月積みの鋼板販売価格を大幅に引き上げた。熱延コイル(圧延向)でトン1400台湾ドル(約5200円)と6カ月連続の値上げ。需要が堅調で需給がタイトな中、鋼材市況が上がり、一方で原料の鉄鉱石価格が急騰している。中国やベトナムなど急伸している国際鋼材市況と為替レートなどを考慮して上げ幅を決め、採算の改善を図る。

熱延コイル(一般向)と熱延鋼板(同)、冷延コイル(同)を1200台湾ドル、電磁鋼板と溶融亜鉛めっき鋼板(建材向)を1400台湾ドル上げた。

1―3月期積みの販価も大きく上げた。上げ幅は熱延コイルと冷延コイル、溶融亜鉛めっき鋼板(家電・パソコン向)が1500台湾ドル、自動車用鋼材と電磁鋼板は1200台湾ドル。

おすすめ記事(一部広告含む)