2020年12月16日

中国11月 粗鋼生産3カ月連続減 8766万トン、環境規制が影響 

【上海支局】中国の11月の粗鋼生産量は8766万トンと前月比4・9%減り、3カ月連続減少した。北部を中心とした秋・冬季の環境規制による製鉄所の操業制限が効いている。7カ月ぶりに9000万トンを割ったが前年同月比8・0%増と水準はなお高く、年10億5000万トン程度と初めて10億トンを超える見通し。鋼材輸出は減り、輸入が増えたことでアジアの需給を引き締めているが、生産能力の増強が続き、需要後退時の過剰供給の懸念がくすぶる。

おすすめ記事(一部広告含む)