2021年3月16日

台湾CSC 4―6月 鋼板販価大幅上げ

 台湾の中国鋼鉄(CSC)は第2四半期(4―6月)積みの鋼板販売価格を引き上げた。前の期に比べ平均8・3%の上げで熱延コイルの上げ幅はトン2800台湾ドル(約1万1000円)。前の期に熱延を1500台湾ドル上げたが、鉄鉱石など原料価格の上昇速度が速く、製造コストの転嫁が遅れるため、第2四半期に上げ幅を増した。堅調な国内外の需要と海外市況の上昇を追い風とする。

おすすめ記事(一部広告含む)