2021年2月3日

3月積み鋼板販価 台湾CSC、連続上げ

台湾の中国鋼鉄(CSC)は3月積みの鋼板販売価格を引き上げた。上げ幅は熱延コイル(圧延向)でトン450台湾ドル(約1700円)と8カ月連続の値上げ。2月積みで2200台湾ドルと大きく上げていた。鉄鉱石に続き、原料炭や合金材、耐火材の価格が上昇し、コンテナ不足から物流費も上がっているため。中国の鉄鋼大手が3月積みの販価を上げていることも考慮した。

おすすめ記事(一部広告含む)