2021年6月22日

中国鋼板輸出 5月急減 税還付撤廃映す

 中国の鋼板輸出が5月に急減した。354万トンと前月比33・2%減少した。政府が5月1日に輸出時増値税還付を撤廃し、輸出コストが上がったためとみられる。撤廃前の駆け込み輸出が3―4月に急増した反動から条鋼類も大幅に減少した。政府は粗鋼生産と鋼材輸出を減らす施策を進め、一方で内需が堅調なため、輸出は抑えられるが、税還付撤廃対象外の高付加価値の鋼板の輸出は一定の水準を保つ見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)