2020年6月16日

4月普通鋼受注263万トンに減、リーマン危機後を下回る

日本鉄鋼連盟が16日発表した用途別受注統計によると、4月の国内向け普通鋼鋼材受注は263万2000トンと前年同月比27・8%減少した。これはリーマン・ショックの影響があった09年3月の265万4000トンを下回る水準。昨年後半からの世界的な鉄鋼需要の減速に加え、新型コロナウイルスが追い打ちをかけた格好となった。輸出向けは135万8000トンと同31・6%減少した。合計では398万9000トンと29・2%減だった。

おすすめ記事(一部広告含む)