2021年7月21日

熱延コイル・異形棒 中国生産量が上期最高

【上海支局】中国の熱延コイル(中厚広幅帯鋼)の生産量は1―6月期に9474万トンと前年同期比16・8%増え、上半期の最高を記録した。建設・製造分野の需要が堅調な中、鋼板市況が金融危機後の最高値に上昇。異形棒鋼の生産量も上半期の最高を更新した。政府が鉄鋼の減産政策に乗り出したことで7月以降減る可能性はあるが、市況が高い上に需要が秋に増える見通しから鋼板、条鋼とも生産は高い水準を維持する公算が大きい。

おすすめ記事(一部広告含む)