2021年9月3日

鉄鉱石 中国輸入価格 再び急落

【上海支局】中国の鉄鉱石の輸入価格が再び急落した。先月末までの1週間で約20ドル上がったが、9月1日にトン143・81ドル(約1万6000円)と前日比約10ドル下落した。鉄鋼大手の宝山鋼鉄が下期の粗鋼生産を上期比500万トン程度減らす見通しを30日に示したことが主因。地方政府が減産方針を打ち出し、9月に主要鉄鋼企業が設備修繕を実施することも原料需要後退の観測を強めた。強気の鋼材市況が下支えるが鉄鉱石の輸入は減り、輸入価格は不安定な状態が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)