2021年9月7日

中国鋼材市況ジリ高 メーカー減産で在庫減

【上海支局】中国の鋼材市況がジリジリと上がっている。熱延コイルは上海地区で3日にトン5760元(約9万3500円、2022年5月限品)と2週連続、合計160元上昇した。政府の鉄鋼減産方針からメーカーが下期に生産を減らし、市中在庫が減少している。半導体不足や電力不足など製造分野の活動に不安材料はあるが、政府の経済対策や秋の需要期を背景に需給が締まり、原料価格が高止まりする中、市況は強含みそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)