2021年5月31日

中国鋼材市況 2週大幅続落 2割安、政府方針が影響

 【上海支局】中国の鋼材市況が2週連続で大きく下落した。上海地区の熱延コイルは先週末にトン5380元(約9万3500円、増値税込)と2週間で計約2万3000円、2割下がり、4月初めの水準に戻った。政府の商品物価統制の方針に市場が反応した。需要は堅調で原料価格がなお高いため、鋼材市況の調整は一定程度にとどまる見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)