2021年9月16日

中国8月粗鋼 13%減8324万トン 昨年4月以降の最低

 中国の8月の粗鋼生産量は前年同月比13・2%減の8324万トンと2カ月連続減り、2020年4月以降の最低となった。鉄鋼メーカーがCО2排出削減を目指す政府の指示を受けて減産を本格化させている。河北省の鉄鋼生産地で減産政策が強化され、9月以降も減少傾向は続く見通し。11月開催のCOP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議)や来年2月の冬季北京五輪に向けて環境規制は厳しくなるとみられ、秋の需要期の中で需給はさらにタイト化する見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)