2021年10月14日

台CSC1―9月売上高最高1.4兆円 販価上昇など寄与

 台湾鉄鋼最大手の中国鋼鉄(CSC)は1―9月期の連結売上高が3388億4792万台湾ドル(約1兆3656億円)と前年同期の1・5倍となり、連結決算を始めた2013年以降の最高を記録した。9月単月は419億8167万台湾ドルと前年同月比61・0%増。鋼材需給はタイトな状況が続き、原料高も受けて鋼材の販売価格が上昇した。東南アジアの子会社の回復も増収に効いた。

おすすめ記事(一部広告含む)