2021年10月18日

韓・現代製鉄、鉄スクラップ輸入対日8500円上げ H2、1カ月ぶり入札

 商社などによると、韓国・現代製鉄は13日に鉄スクラップ輸入入札を1カ月ぶりに実施した。指標品とされるH2の日本向け提示価格は前回(9月13日実施)比でトン当たり8500円上げた。秋の鋼材需要期を迎えて国内価格が直近1カ月で急騰し、日本からの輸出商談価格が上昇していた。韓国側も鉄筋需要が高まっており提示価格を上げたが、H2などは足元の日本相場より安値提示となった。この入札で上級スクラップを中心に「約2万トンの輸入を決めた」(商社)ようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)