2022年2月14日

中国鋼材市況が急伸 春節明け、先物高映す

 中国の鋼材市況が春節(旧正月)明けの先週に大きく上がった。熱延コイル市況は上海地区で春節前からトン約2600円上がり、3カ月ぶりの高値となるなど各地区で急伸。鋼材の先物価格が政府の景気対策を見込んで先行して上がり、現物市況をけん引した。鉄鋼の減産基調が続き、春の需要期に向けて需給は引き締まる見通し。原料高で収益が悪化している宝山鋼鉄など鉄鋼大手が鋼板類の値上げを先週に相次ぎ発表したことも市況の上伸力を強くしそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)