2022年1月17日

中国、鋼材市中在庫横ばい 春節明け 需要見通し不透明

 中国の鋼材市中在庫は1月に入り後も12月末の水準からほぼ横ばいで推移している。例年であれば流通は春節(旧正月)明けの需要増を見据えて在庫を積み増すが、今年はなお高い鋼材市況と需要の見通しが不透明なため、在庫を抑える向きが多いようだ。春節前は閑散とした商いが続くが、鉄鋼メーカーが冬季の環境規制や政府の指示によって減産を進めており、需給は安定を保つ見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)