2022年8月29日

中国鋼材市況勢い鈍化

【上海支局】今月初めに反転した中国の鋼材市況は勢いが鈍化している。上海地区は先週に小幅に上がったものの、下落に転じた地区もあり、秋の需要期に向かって基調が強まる状況にはないようだ。不動産不況や干ばつによる水・電力不足の影響で需要が後退している一方で鉄鋼メーカーの生産が増えており、需給が再び緩んでいるとみられる。政府は景気対策を進めるものの不動産や天候の問題は短期に解消しそうになく、市況は現行値圏にとどまりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)