2022年11月8日

中国鋼材市況が大幅下落 コロナ感染再拡大響く

 中国の鋼材市況が11月に入り後も大幅な下げを続けた。新型コロナウイルスの感染再拡大で都市封鎖が各地で行われ、景気後退のムードを強めている。長引く不動産不況は経済全体を押し下げ、東北部は冬場の不需要期が近づき、鋼材の取引が鈍化している。先物市場の鋼材価格が先週末に反転したことで現物市況は落ち着く可能性はあるが、需要は依然振るわず、市況は弱い基調を維持しそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)