2009年1月16日

PPC、7割改善で合意 BHPとの銅買鉱条件

 日鉱金属と三井金属が出資する国内銅製錬最大手のパンパシフィック・カッパー(PPC)はこのほど、BHPビリトンとの間で2009―10年積み銅買鉱条件(08年末条件)について、製錬側の加工賃収入を08―09年積み(07年末条件)より約7割引き上げることで合意した。

 先週には三菱マテリアルとフリーポート・マクモラン・カッパー&ゴールド(FCX)が同水準の条件で妥結。08年末条件は約7割改善する方向で決着しつつある。

おすすめ記事(一部広告含む)