2009年7月6日

国際相場、アンチモン価格続伸

 アンチモンの国際相場が上昇している。ロイター入電の欧州レアメタル価格(純度99・65%)は連日続伸し、トン当たり4750―4850ドル。中国の鉱石不足と内需増加で現物需給がタイト化しているのを反映して、欧州扱い筋が強気に出ている。リチウムイオン電池の電極などに使うコバルトも、中国の買いが旺盛な上に港でスクラップ滞貨問題が起き、半月で14%急上昇している。

おすすめ記事(一部広告含む)