2009年7月9日

銅建値、1万円下げ52万円=海外安・円急伸映す

 日鉱金属は8日、7月積み産銅建値をトン当たり1万円(2%)引き下げ52万円に緊急改定、即日実施すると発表した。海外相場の続落に加え、為替市場で円相場が5月下旬以来の高値となる1ドル=95円台に突入したことが響いた。新建値は6月25日(51万円)以来の安値水準。推定月間建値平均は月初比トン7800円安の52万2200円。

おすすめ記事(一部広告含む)