2009年7月16日

銅現物需給 均衡保つ

 銅の現物需給が均衡状態を保っている。国際指標となるロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、今週から現物が先物より高くなる「逆ザヤ」に転換した。取引所在庫も減少が続いており現物需給は引き締まる傾向にある。しかし、中国の底堅い需要がある一方で、米国市場は低迷したままで、銅相場もトン5000ドル前後で方向感が定まらない展開になっている。

おすすめ記事(一部広告含む)