2009年7月17日

銅建値、再び54万円=4万円上げ年初来高値

 国内産銅建値が再び年初来高値に並んだ。今週に入り米企業の四半期好決算が相次いで発表され、同国景気に対する先行き懸念が後退したことに加え、需給ひっ迫を背景とした海外相場の急反騰が支援材料。

 日鉱金属は16日、7月積み産銅建値をトン当たり4万円(8%)引き上げ、54万円に緊急改定、即日実施すると発表した。新建値は6月中旬の水準に並ぶ年初来高値。推定月間建値平均も前回改定時(13日)に比べてトン2万円高の52万9500円に浮上した。

おすすめ記事(一部広告含む)