2009年7月23日

三菱マテリアル、環境対応製品を強化

 三菱マテリアルは電子材料の製品構成を見直す。ハイブリッド自動車に搭載される二次電池の材料や、太陽電池関連をはじめとする省エネルギー、代替エネルギー対応製品を強化する。

 昨秋以降の景気後退局面でも環境対応製品は成長しているためだ。その一方で現在利益の出ていない汎用製品などは撤退を検討している。将来性などを見極めた上で事業の選択と集中を図る考え。

おすすめ記事(一部広告含む)