2010年6月21日

政府の新成長戦略 環境・エネ大国めざす

 政府は18日、「新成長戦略」を閣議決定した。経済・財政・社会保障の一体的立て直しをめざすもので、平均2%の実質成長実現のため、官民の2020年までに達成すべき目標が掲げられた。

 この中で、都市鉱山のリサイクル、住宅・建築物のゼロエミッション化、ヒートポンプ・コジュネの導入、次世代自動車の普及促進など、非鉄金属産業に大きくかかわる目標も多く含まれている。これらの施策が関係省庁における個別討議を踏まえ、新成長戦略として正式に盛り込まれた意義は大きい。

おすすめ記事(一部広告含む)