2012年1月23日

故銅市場、春高期待高まる 品薄下、一部で積極買い

 故銅市場に春高期待が高まっている。海外相場がニューヨーク商品取引所(COMEX)銅相場から上放れに転じたことを眺め、中国の春節(旧正月)休暇明けから3―4月にかけて、騰勢を強める可能性が高いとの見方だ。国内市場ではまだ需要不振が尾を引いて、荷動き自体は低調の域を脱していないが、原料問屋の中には慢性的な品枯れも背景に「いったん需要家筋が買いに転じれば、市況が急騰する恐れもある」として、玉集めに積極的な姿勢を見せる向きが見られ始めている。

おすすめ記事(一部広告含む)