2012年3月23日

住電日立ケーブル、4―9月出荷 微増計画

 建設用電線のメーカー販社最大手、住電日立ケーブル(HS&T)は、2012年度上半期(4―9月期)の電線販売量(銅量)を前年同期比微増と計画する。

 建設用電線主要3品種(CV、IV、CVV)の全国需要量は、ほぼ前年同期並みの月平均1万4500トン程度を見込む。出荷量の目立った上振れ・下振れ要素が現状見当たらず、足元の堅調ペースが続くと見ている。

おすすめ記事(一部広告含む)