2012年5月22日

光製品出荷が過去最高 11年度14・6%増

 日本電線工業会は21日、国内電線メーカーの2011年度の光製品出荷量を、前期比14・6%増、過去最高の3848万7000キロメートルコア(光ファイバー長)と発表した。主力の輸出が同21・4%増の2947万5000キロメートルコアで、過去最高量を記録。海外通信インフラ向け需要の旺盛さを映した。銅電線の11年度総出荷実績は同0・4%増の68万5449トン(銅量)で確定。エコマテリアル(EM)電線は伸び悩んだ。
おすすめ記事(一部広告含む)