2012年12月18日

丸吉電機、初の海外進出検討 電線加工品を現地供給

 大手電線問屋の丸吉電機(本社=東京都港区)は、初の海外進出を検討中だ。国内顧客の海外進出が加速する傾向を受け、電線加工品のアウト・アウト(海外で造って海外向けに販売する)体制を築く狙い。候補地は中国など。現在は本社、東北支店(仙台市)、山梨支店(山梨県中巨摩郡)の国内3拠点体制を敷き、山梨支店で産業機械向けの電線加工(ワイヤハーネス組み立てなど)を手掛ける。

おすすめ記事(一部広告含む)