2013年3月4日

加藤工業所、タイ進出 アルミドロスで初

大手アルミニウム再生塊メーカーの加藤工業所(本社=栃木県鹿沼市、加藤栄社長)は、2014年5月をめどにタイに進出する。軽圧メーカーやアルミ二次合金メーカー向けに、アルミドロス(残滓)の処理を行うのが目的。国内のアルミドロスリサイクル事業者でタイに進出するのは同社が初めて。国内のアルミドロスの発生量は減少傾向にあるため、今後のドロス発生とアルミ需要の増加が見込めるタイに参入する。

おすすめ記事(一部広告含む)