2013年3月12日

住友金属鉱山、ニッケルから希土類回収

住友金属鉱山は11日、フィリピンのニッケル製錬拠点で希土類(レアアース)を回収すると発表した。原料のニッケル酸化鉱の中に、微量に含まれているスカンジウムを回収するためのパイロットプラントを、コーラルベイニッケル社(CBNC)に建設する。設備投資額は約1億円。2014年に月10キログラム程度の試作を開始した後、15年をめどに十数億円規模を投じて、酸化スカンジウム生産ラインを建設して事業化を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)