2013年7月29日

鉱業協会、素材需要 回復に時間

日本鉱業協会の矢尾宏会長(三菱マテリアル社長)は26日の定例会見で、非鉄金属の足元の国内需要環境について「円高・株高でマインドは総じて改善しているが、実需が顕著に増えている状況ではない」と概観した。直近数年間の円高基調で自動車、電機などの主要需要家産業が、海外生産シフトを急加速した影響を示唆し、素材需要は「底を脱して上向き始めた感じはあるものの、回復にまだ少し時間がかかるのでは」と述べた。

おすすめ記事(一部広告含む)