2013年9月6日

レアメタル、売り腰強く上げ優勢 インジウムに投機買い

レアメタルの国際相場が、上げ優勢になってきた。中国や欧州の景気後退懸念が薄らいだ上に、アンチモン、ビスマス、セレンでは供給再編を背景にしてサプライヤーが売り腰を引き締め。中にはインジウムのように投機買いが入っている鉱種もある。ここ1年間は全般的に底値探りの展開が続いていたが、前月比下げの鉱種が久しぶりになくなった。

おすすめ記事(一部広告含む)