2013年11月1日

地金生産 電気銅、定修響き4・3%減

経済産業省がこのほど発表した生産動態統計によると、2013年4―9月期の電気銅の国内生産量は、前年同期比4・3%減の74万5961トンにとどまった。パンパシフィック・カッパーの佐賀関製錬所(大分県)や三菱マテリアルの直島製錬所(香川県)で3―4月に定修があったほか、鉱石品位の低下傾向、国内需要の回復遅れなどが影響したとみられる。亜鉛は同6%増の28万687トン、電気鉛は同2・2%増の10万7311トンだった。

おすすめ記事(一部広告含む)