2013年11月18日

UACJ銅管 下期販売、月4000トン見通し

大手銅管メーカーのUACJ銅管(本社=愛知県豊川市、池田洋社長)は今下期(10―3月)、上期実績を上回る月平均約4000トンの販売量を見込む。最大の需要分野である家庭用エアコン向けで在庫補充とみられる動きがあり、来年4月の消費増税を見据えて業務用エアコン向けでも需要環境が改善すると予測。ただ、来年度は反動減が表れる可能性も考慮し、夏季需要に向けた先行生産は前年度下期より抑える。

おすすめ記事(一部広告含む)