2014年1月7日

14年賀詞交歓会、三銅業 生産量80万トン回復に期待感

日本伸銅協会、東京都伸銅品商業組合、東京非鉄金属商工協同組合の3団体は6日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスで三銅業合同年賀交歓会を開催した。会員企業と経済産業省などからの来賓を合わせ約400人が参加し、新年の門出を盛大に祝った。 日本伸銅協会長の吉田政雄・古河電気工業会長は年頭の辞で、昨年の伸銅業界を「7月以降は尻上がりで、暦年の生産量は前年比微増の77万トン程度になったのではないか」と振り返った。今年の需要環境については、消費増税の影響で4―6月期にいったん冷え込んでも、「円安も後押しし7月からまた改善するのではないか」との見通しを語り、暦年生産量80万トン台回復に期待感を示した。

おすすめ記事(一部広告含む)