2019年4月16日

コベルコマテ銅管 今期販売5.68万トン計画

 銅管最大手のコベルコマテリアル銅管(本社=東京都新宿区、角田秀夫社長)は、今期(2020年3月期)の国内販売量を前期より1600トン(2・8%)多い年間5万6800トンと計画している。家庭用エアコン向けで高水準の需要が続くと見込むほか、学校や東京五輪関連で業務用エアコン向けの引き合いも強いと予想。今月末からの10連休中も秦野工場(神奈川県)は通常通り稼働する。

おすすめ記事(一部広告含む)