2014年2月20日

キッツメタルワークス 鉛フリー黄銅棒、販売増

大手黄銅棒メーカーのキッツメタルワークス(本社=長野県茅野市、小林吉正社長)は、昨年秋に販売開始したビスマスやシリコンを含まない鉛フリー製品の販売が伸びている。米国向けの給水機器関連で増えているほか、自動車や家電部品向けでも採用が拡大。鉛やその代替金属を含まない環境材料の需要は世界的に広がっており、今後は欧州向けなどでも販売が伸びると期待する。

おすすめ記事(一部広告含む)