2014年4月4日

因幡電産、被覆銅管のタイ新工場稼働

因幡電機産業はこのほど、空調用被覆銅管などを製造するタイ新工場を稼働させた。空調市場の成長が見込まれる海外において、自社製品を本格販売するための輸出拠点と位置付けており、第1期工事で立ち上げた被覆銅管の生産能力は年間2000トン。東南アジア、北米市場向けの拡販に力を入れ、2020年までに生産量を50%伸ばす計画だ。

おすすめ記事(一部広告含む)