2014年6月25日

古河電工 車部品、20年売上高倍増

古河電気工業は24日、自動車部品事業に関する説明会を開催し、2020年に売上高を12年比で2倍以上にする方針だ。目標達成に向け、自動車用ワイヤハーネスでは、日系メーカー向けで現状の9%から20年に15%、グローバルシェアで同3%から4・5%へと引き上げを図る。また、SRC(ステアリング・ロールコネクター)事業については、世界シェア約40%から50%へ拡大。機能品事業については、BSS(鉛バッテリー状態検知センサー)を12年に上市し、20年に世界シェア25%に相当する600万台達成を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)