2014年7月9日

神戸製鋼、中国アルミ事業強化

神戸製鋼所の金子明・専務取締役アルミ・銅事業部門長は8日、中国・蘇州で会見を開き、中国でアルミ事業を強化する新たな投資を発表した。自動車サスペンション用アルミ鍛造部品製造・販売会社の神鋼汽車●部件(蘇州)の能力を増強する。総投資額は約20億円で2015年秋の稼動開始を目指す。中国の自動車生産は20年に3000万台に増える予測。燃費規制も強化され、軽量化に寄与するアルミサスペンションの需要拡大に向け、供給対応を急ぐ構えだ。 ●は金へんに呂

おすすめ記事(一部広告含む)